ちいさく、息をする。

                       16g
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
朝、 





これから 、コーヒーをのみます。


写真 - -








 
写真 - -
no title
五十嵐さんの生還を、今日ムジカで知った。
生きてた。よかった
もう色んな気持ちが溢れてしまって
- - -
花酔い

醒めて
五月。












日記 - -
日曜日
暴風のため、外に出られません。
楽しみにしていた劇も、
観に行けそうにないです。

今日はバカボンを読んで過ごします。
日記 - -
no title
ねじれながら眠る

朝が遠退く


ラクガキ - -
おはよう
 
たまに、ふと思い出す人がいるんです。
何を話せばいいかもわからないのに
たまに、ふと、会いたいと思うんです。


何か - -
かすみ



救いようもなく孤独な、
理由や支えを探さずにはいられないような夜に
探して、掴みかけては、どんどん臆病になっていくようで
やりきれない弱さをかみ殺すだけ、できない、
朝まで辿りつける気がしない
夜に、
自分の中にあいた暗闇のような部分に落ちて
しまって、どこにもいけない

日記 - -
.


それは何も言わない
写真 - -
尻尾を巻く

些細な何か、つまらないこと、だいたいいつも何かにつまづいてしまう
ような気になる。もうだめだ、もう無理だ
もういやだ。
だいたいいつも、自分の迂闊さ、愚かさ、どうしようもないアホさが引き起こした事で
恥ずかしくて情けなくて逃避して閉じこもりたくなる。

甘えてんなよ。


やるべき事はいっぱいあるんだ。変えられるものもあるはずなんだ。つくづく、ばかだ。
しんでしまえ、
うまれかわれ
いつまで甘ったれでいる気なんだ。
ばかやろ。


春先に拾ったウイルスにやられて、今年は桜もたんぽぽも菜の花もあんまり見ていない。
春先に急増する轢かれた動物の死骸もあんまり見ていない。
4月の速度にあたまが追いついていない。けど、いつまでも呆けているわけにはいかないから
急がねば。
ちょっと私はのろまに過ぎた。もう少し生き急がねば。
色んなものを取り戻せるうちに、何かしなくちゃ。
言葉に出来るくらいの苦しみなんて、うすっぺらくてくだらない
脱出できるまでもがけ

日記 - -
| 1/75 | >>